Portrait of beautiful tired businesswoman tired

メリットの多い低用量ピル

Yellow and brown drugs

日本ではまだそれほど普及していませんが、海外では当たり前のように使われている低用量ピル。
「毎日飲むことで確実に避妊ができる薬」として覚えている方も多いのではないでしょうか。
低用量ピルには女性ホルモンである「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2つが配合されているのですが、これを毎日欠かさずに飲むことでホルモンバランスを変化させて妊娠時と同じ状態を作り上げることができます。
すると脳は妊娠したと勘違いをするので、毎月行っていた排卵をストップさせるんです。
これにより、いくら避妊なしの性行為をしたとしてもほぼ確実に妊娠することはなくなるので、愛用している方も多いようですね。
低用量ピルのメリットはほぼ確実な避妊効果だけではなく、排卵を止めることから毎月の生理にも大きく影響していきます。
低用量ピルを服用することで子宮内膜の増殖が抑制し、頭痛や腹痛といった生理痛が軽くなり、経血量が一気に減少し楽にしてくれます。
また、低用量ピルの効果により生理周期が安定するので予定が立てやすくなる…とまさにメリットだらけなんです。
そんな低用量ピルも薬ですから、時には副作用を引き起こしてしまうこともあります。
特に初めて低用量ピルを使用する方は副作用を感じてしまいやすいので、予めどのような症状が起こるのかを知っておくことはとても大切です。
このサイトでは、低用量ピルを使用するうえで知っておきたい副作用のことを一つ一つご紹介していきます。
辛い副作用のことなんて知りたくない…と思わずに、正しく理解しておきましょう。